ANAやJAL等の航空会社の株主優待券

日ごろから旅行をしたりだとか航空会社を利用することがあるそんなあなたには航空会社の株主優待券でよりお得に旅行を楽しみませんか?株=ギャンブルという考えは捨てましょう!

ANAが発行する株主優待券の使い方

株主優待券とは、株式会社が発行する株式を権利確定日まで保有していた株主に対し、割引券やサービスを提供するというものです。全ての株式会社がこのシステムを採用している訳ではありませんが、株式を保有しているだけでお得に利用できることから、株主優待券を提供する会社の株は人気があります。
大手航空会社のANAも、株主優待券を発行しています。国内線の割引運賃が適用される、ホテルや旅行などANAグループのサービスを割引で利用できるなど、多くの使い方が用意されています。
特に国内線の片道普通運賃が、半額になる特典が魅力的です。空港で支払いをする場合の株主優待券の使い方は、以下のようになります。
自動チェックイン・購入機へ向かい、航空券のご購入を選び、続いて株主優待券のご利用を押します。
予約が済んでいるかどうかを尋ねられますので、予約が済んでいたら「はい」を選択します。予約をしていない場合は、新規購入の手続きをします。この時の運賃を選ぶ時に、株主優待割引を選択するようにします。
ANAマイレージクラブに関する内容や、便名、予約番号、名前などを入力する画面へと進みます。予約内容、座席の確認などの画面の後、優待券を使用する場面になります。自動チェックイン・購入機に優待券を挿入する場所がありますので、必要枚数を入れてください。後は支払い方法の選択、領収書の発行、そしてeチケットお客様控を受け取って完了です。
使い方はこのように簡単ですが、国内線の運賃割引を受けるには注意する点があります。株主優待券には有効期限が設定されているため、期限が過ぎてしまえば割引運賃が適用されません。もし、期限までに国内線を利用する機会がなければ、金券ショップに買い取ってもらう使い方もあります。