日ごろから旅行をしたりだとか航空会社を利用することがあるそんなあなたには航空会社の株主優待券でよりお得に旅行を楽しみませんか?株=ギャンブルという考えは捨てましょう!

住友商事10年や東京の株主優待買い取りについて

アベノミクス効果もあり、株式市場は活況を呈しています。
日経平均もバブル期までは上昇してなくても、確実に高値をうかがっています。
通常の株式市場では、企業業績に伴う配当利回り期待や株価上昇に伴う譲渡益狙いがあげられています。
しかし、昔からこうした配当利回りなどの期待ではなく、株主優待狙いのユーザーも少なくないのです。
多くの企業が株主優待を行っていますが、その企業側の狙いは、安定といえます。
上場企業にとって、株主が安定的にあるだけで、経営も安定してくるからです。
そのため、こうした株主優待もその内容が充実してきているのです。
住友商事10年や東京なども優待を行っていますが、この優待内容は、住友商事10年や東京などの企業によって様々です。
最近では、こうした優待の買い取りを専門にしている金券ショップもあります。
例えば、企業が発行した様々な優待券を買い取りしているのです。住友商事10年や東京が発行した優待も金券ショップで売られているかもしれません。
金券ショップでも、少しでも安く買い取り、売ることで、需要があるのです。
また、株主も以前は必要だったから購入していた株式でも、今は使わなくなったことから、不要になった優待を金券ショップで売却できることから、第二の株式配当ともいわれています。
この株主優待では、変わったものでは、業績に関係ないものもあります。例えば、カラオケチェーンが行っている優待では、日本茶を優待として贈っている会社もあります。
通常の株式投資では、業績に見合う配当利回り狙いや株価上昇に伴う譲渡益狙いなどがあります。
また、この株主優待には、企業側での株主に対する安定株主対策の一面もあります。