日ごろから旅行をしたりだとか航空会社を利用することがあるそんなあなたには航空会社の株主優待券でよりお得に旅行を楽しみませんか?株=ギャンブルという考えは捨てましょう!

国内航空路線・ANA株主優待について

全日本空輸株式会社は略称の全日空またはANAとして知られる日本の航空会社で、ブルーを基調としたコーポレートカラーが有名です。日本国内線においては最大の路線網を持っており、国内線の乗客数では日本最大規模となっており、さらに国際線もアジアやヨーロッパ・アメリカといった方面に保有しています。その歴史も古く1958年に会社登記が行われ、この当時から北は北海道、南は鹿児島までの全国19都市を結ぶ航空路線を有しており、国内線航空路の主役となっています。
その後、1975年には株式上場を行うなど成長を続けましたが、持株会社の流れを受けて2013年に子会社のANAホールディングスに譲渡し、ANAホールディングスが親会社となり、運行を行う全日本空輸株式会社はその傘下に入ることになります。
現在のANA株主優待を得るためには、ANAホールディングスの株を保有する必要があります。
ANA株主優待の特徴としては、ANA国内線の搭乗優待とANAグループの提携ホテルの優待があります。ANA株主優待は、1年に2回行われますが、国内線優待の場合には有効期間は1年あり、提携ホテルなど優待は半年となっているので注意が必要です。
国内線優待の内容としては、片道普通運賃が50%割引されるものでゴールデンウィークや、夏休み、年末年始でも空席があれば利用することができます。また予約変更にも対応していますし所定の料金を追加すればプレミアムクラスの利用も可能です。
ANA株主優待の発行される基準としては、1千株から4千株は1千株ごとに1枚発行されます。また4千株以上は、4枚にプラスして2千株ごとに1枚となっており、保有数が多ければ多いほど発行枚数が多くなります。