日ごろから旅行をしたりだとか航空会社を利用することがあるそんなあなたには航空会社の株主優待券でよりお得に旅行を楽しみませんか?株=ギャンブルという考えは捨てましょう!

ANA株主優待券についての情報

ANAホールディングス(全日空)の株主優待券に関する情報をお伝えします。
ANA株主優待券は、ANAホールディングスの株式を1000株以上保有している株主さんが受けることができる特典です。
ANA株主優待券配布の権利確定月は3月と9月、つまり、年2回のANA株主優待券配布が行われるということになります。その内容は、航空会社らしく「運賃の割引サービス」です。では、具体的にどういった内容になるのかについて説明します。
ANA株主優待券は、1000株以上保有している人に1枚配布されます。4000株までは、1000株ごとに1枚配布されます。4000株以降は、6000株で5枚、8000株で6枚の配布になります。そして、1万株保有している株主さんには7枚配布されることになりますが、それ以降は、4000株ごとに1枚ずつ加算して配布されます。たとえば、18000株保有している株主さんには、ANA株主優待券が9枚配布され、100万株保有している株主さんには、254枚の優待券が配布されることになります。
ANA株主優待券は、「国内片道一区間50%割引になる株主優待割番号ご案内書」として配布されることになります。ですから、「国内片道一区間50%割引」が、その特典ということになるわけです。
特典の内容から考えると、普段ANAのフライトを利用するお客さんにとっては非常に大きなメリットとなります。ですから実際に、株主さんはANAのフライトを日常的に利用しているお客さんであるケースも少なくありません。
ANAホールディングスの株価は、2015年4月8日現在で328円をつけていますので、ANA株主優待券を手にするためには、35万円前後の資金が必要になります。